2010年08月07日

マネジメントをあらためて考える(2)

マネジメントには、自らの組織をして社会に貢献させるうえで3つの役割がある。
それら3つの役割は、異質ではあるが、同じように重要である。

1)自らの組織に特有の使命を果たす。
マネジメントは、組織に特有の使命、すなわちそれぞれの目的を果たすために存在する。

2)仕事を通じて働く人たちを活かす。現代社会においては、組織こそ、一人ひとりの人間にとって生計のかて、社会的な地位、コミュニティとの絆を手にし、自己実現を図る手段である。
当然、働く人を活かすことが重要な意味を持つ。

3)自らが社会に与える影響を与える影響を処理するとともに、社会の問題について貢献する。
マネジメントには、自らの組織が社会に与える影響を処理するとともに、社会の問題の解決に貢献する役割がある。



■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/

■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.ne

posted by ホーライ at 18:10| Comment(0) | マネジメントの基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。